リフォームを成功させる知識と情報をゲットしよう|快適HOME

住居

コーティング剤を選ぶコツ

一軒家

フロアコーティングとは、床の表面へのコーティング剤の塗装により保護膜を形成し、それによって床表面保護は勿論、それ以上の機能を床に持たせることである。
表面を覆う膜は、床面への衝撃や汚れなどから床を守るだけではなく、床に傷が付き、表面より下の材質が露出したり、水分などが浸み込むことによる、床や床下構造の劣化を防ぐことができる。
フロアコーティングによって、滑り止め効果を持たせることもできるので、家庭での子供やペットの転倒による事故を防ぐこともできる。
フロアコーティングは、床材の種類によって、適切なコーティング剤を選び、適量を正しい方法で塗布することによって、保護膜がムラなく形成され、コーティング剤本来の効果を発揮することができる。
コーティング剤を選ぶ際には、どんな目的で使用する部屋なのか・湿気が多い・水を使用する・子供が長時間過ごすなど部屋の特徴を考慮して、適切な機能を持ったコーティング剤を選ぶことも大切である。

フロアコーティングを行う時期は、塗料の種類や持ちによっても異なる。
最近は長期保証を付けている施工業者も多く、定期的にメンテナンスをしてもらいながら、業者のアドバイスを受けて時期を検討することもできる。
新築時に入居前に行うこともできるが、傷が気になってきたなど美観が保ちにくくなってきたと感じた時、手入れが大変だと感じた時は、施工を検討する。他の場所のリフォームのついでに行うこともできる。