リフォームを成功させる知識と情報をゲットしよう|快適HOME

住居

トイレトラブルの対処

修理

トイレの便器の水が何らかの原因で流れない状態をトイレ詰まりといい、詰まって水が流れないだけでなく、水が逆流する場合もあり、非常に不快な状態になる。
水が流れにくくなったり、便器に溜まる水の量が増えたりする前兆を感じたら、水回りのリフォームを検討するべきである。
トイレ詰まりの原因で一番多いのが、トイレットペーパーを大量に流したり、異物を流してしまったために排水管に引っかかってしまう場合である。
トイレで物を落として、取り出すのに躊躇して流してしまうケースが多く、そういった場合は必ず取り出すことが大切である。
トイレの想定している水量以上の水を流してしまうことが原因のこともあり、一度に大量の水を流さずに、2度に分けえて流すなどの対処が必要である。

トイレ詰まりで業者を頼む場合の料金は、業者によって設定が変わってくるが、大まかな相場として、吸引器で修理できる比較的簡単な修理で、5,000円から9,000円である。
ワイヤーやクリーナーなどを使って、頑固な汚れを除去したり、固形物を除去する場合は、9,000円から15,000円が相場となる。
タンクや便座、便器をはずした本格的な作業になると、20,000円位になる。これでも駄目な場合は便器を換えた方が良い。
トイレのトラブルが起きた場合は、重症化する可能性があるので、すぐに専門業者に依頼したほうが良い。専門業者なら、トラブルの原因を突き止めて、正しい対策をとってくれる。